動画の探求は、ここからはじめましょう

オンライン動画を通じて世界を探求することで、お子様は新しいことに興味や関心を持ち、多様なものの見方を学び、さまざまなことに対し自分との繋がりを見出すことができると YouTube は信じています。そのため、保護者の方がお子様による YouTube の利用方法を管理し、世界中のクリエイターが投稿する動画の中から、ご家族にとって最適な YouTube 利用体験を選択できるようにしています。

選択肢を知る

それぞれの家族に合った選択

テクノロジーの利用、オンラインでの検索、デジタル機器の使用に関する基本ルールの決め方については、ご家庭ごとにアプローチが異なります。このような理由から、ご家族にとって最適な YouTube のご利用方法を決めていただける選択肢をご用意しています。

お子様が YouTube を楽しむ 2 つの方法

新しい保護者向け管理機能

YouTube 上の新しい管理機能ベータ版

YouTube の幅広い動画や音楽の中からお子様自身でコンテンツを探して視聴してもよいと保護者の方が判断された場合に、保護者の管理の下でお楽しみいただけます。9~12 歳以上のお子様を対象としたコンテンツ設定、機能の制限、健全なデジタル利用のための保護機能が用意されています。

  • お子様が YouTube を利用できるように 保護者が管理するお子様の Google アカウントを作成

    お子様のアカウントを保護者のアカウントにリンクして視聴体験を管理できます

  • 3 つのコンテンツ設定から選択

    これらのコンテンツ設定は 9 歳以上の視聴者を対象としたコンテンツのレーティングと概ね一致します

  • ご利用を開始する前に、YouTube の安全な使い方をお子様に教える

    保護者向けガイドをお読みになり、ご家族で話し合ってみましょう。

  • ベータ版で利用できる機能の制限

    コメントなどの機能の利用については、引き続き保護者や業界の専門家の方々と協力して検討してまいります

  • Google が提供するファミリー リンク アプリを活用した、保護者による使用制限と連携

    利用時間タイマーなど、保護者による YouTube の使用制限機能を活用できます

YouTube(保護者による管理機能付きでの使用体験)には膨大な数の動画が含まれていて、YouTube Kids アプリよりもはるかに大規模です。YouTube のシステムによって、不適切なコンテンツが表示されないように努めていますが、システムは完璧ではありません。お子様には不適切な動画が誤って表示される可能性があります。お子様向けに視聴制限を厳しくすることをご希望の場合は、YouTube Kids のご利用をおすすめします。

詳細

お子様向けに作られた、独立したアプリ

子どものために作られたアプリ

YouTube Kids アプリは、お子様がより安全かつ簡単に探求できるよう開発された、独立したアプリであり、お子様の視聴環境を管理できる保護者向けツールも用意されています。

  • お子様に合わせたプロフィールを作成

    コンテンツの選択や設定をカスタマイズできます

  • お子様の年齢に応じてコンテンツのレベルを選択

    未就学児向け(4 歳以下)、小学校低学年向け(5~8 歳)、小学校高学年向け(9~12 歳)の 3 つの設定から選べます

  • またはお子様が視聴できるコンテンツを承認

    動画、チャンネル、コレクションを個別に選択して承認できます

  • 利用時間の上限、動画のブロックなどを設定

    保護者向けの機能を利用して、お子様の視聴体験を管理できます

  • あらゆる画面で視聴可能

    モバイル、パソコン、スマートテレビで YouTube Kids をお楽しみいただけます

YouTube Kids には、YouTube のメインアプリやウェブサイトに比べて厳選されたコンテンツが掲載されています。YouTube は、YouTube Kids アプリの動画をご家族で安心して利用していただけるよう取り組んでいます。また、エンジニアリング チーム作成の自動フィルタ、人間による審査、保護者の方からのフィードバックを組み合わせることで、コミュニティの保護に努めています。しかし、すべての動画を人の目で審査しているわけではありません。不適切と思われるコンテンツを発見した場合はご報告ください。速やかに審査いたします。YouTube Kids の改善にご協力をお願いいたします。

詳細

よくある質問

選択肢について理解する

  • 保護者により管理されたアカウントを使った場合と通常の YouTube では、視聴体験にどのような違いがありますか?

    お子様の視聴体験は YouTube のメインアプリやウェブサイトでの視聴体験とほとんど変わりませんが、検索して視聴できるコンテンツ、使用できる機能、デフォルトのアカウント設定、広告保護機能による調整が加えられています。

    お子様が視聴できる動画は、保護者が制限つきのYouTube 使用を許可するときに、そのアカウントに対して選択したコンテンツ設定によって異なります。コメントやチャットなど YouTube で通常利用できるいくつかの標準機能に加えて、チャンネルの作成、コンテンツのアップロード、購入の機能が無効になっています。また、休憩や就寝を促す自動リマインダーも表示されます。自動リマインダーを調整することで、YouTube を健康的に利用するよう習慣付けられます。YouTube の自動再生機能もデフォルトで無効になっています。

    YouTube を楽しむうえで自己表現とコミュニティは重要な要素であるため、今後これらの機能を部分的に追加することについて、保護者や専門家と協議しながら検討していく予定です。

  • ベータ版とは何ですか?このサービスをベータ版でリリースするのはなぜですか?

    ベータ版とは、現在もユーザーによる利用体験の改善に取り組んでいる状態を指します。ぜひベータ版をご利用になってご意見をお寄せください。ベータ版のリリースに至るまで、世界中の保護者や、子どもの発育や子ども向けメディアの専門家に意見を伺ってきました。しかし、YouTube は世界中の何十億人ものユーザーにサービスを提供しており、テクノロジーの利用、インターネットへのアクセス、デジタル機器の使用に関する基本ルールの決め方については、ご家庭ごとにアプローチが異なります。YouTube は、サービスの構築、フィードバックの収集、十分な検討に基づいた保護者向け機能の追加を継続していくことで、ユーザー による利用体験を進化させていきたいと考えています。

  • YouTube Kids とは何ですか?保護者により管理された YouTube アカウントとはどう違うのですか?

    YouTube Kids は、お子様を念頭に置いてゼロから構築された YouTube の子ども向け専用アプリです。一方保護者により管理されたアカウントを利用すると、通常の YouTube の利用を保護者が管理した状態でお子様に許可できます。

    2015 年にリリースされた YouTube Kids は、お子様がより安全に、豊富なコンテンツを視聴できる環境を提供するため、3 つのコンテンツ設定(未就学児向け、小学校 1~2 年生向け、小学校 3~6 年生向け)と保護者による管理機能が設けられています。YouTube Kids のコンテンツは多様ですが、人間による審査、専門家が選んだ再生リスト、アルゴリズムによるフィルタリングを組み合わせて、通常の YouTube よりもコンテンツを厳選しています。

    詳しくは youtube.com/kids をご覧ください。

保護者により管理された YouTube アカウント

  • 使用するにはどうすればよいですか?

    保護者により管理された YouTube アカウントは、ファミリー リンクで管理されている Google アカウントを持つ、13 歳未満(またはお住まいの国の該当する年齢)のお子様が利用できます。管理対象アカウントをご自分のアカウントにリンクさせたうえで、管理対象アカウントから YouTube にログインすることで、最初のよくある質問で説明されているように、お子様の視聴体験を調整できます。

    ご利用を開始するには、詳細をご覧ください。

  • コンテンツの設定はどれを選べばよいですか?

    保護者の方は、お子様の成長と、その過程での興味の変化を見てこられたことでしょう。どのようなことに新しく興味を抱くようになっても、さまざまなクリエイターの多様なコンテンツが集まる YouTube プラットフォームでは、お子様がエンターテイメント、アイデア、視点、コミュニティを存分に探索できます。お子様のことを最もよく知る保護者のために、YouTube はコンテンツ設定に 3 つの選択肢を用意しています。

    • 小学 3 年生以上の子ども向けコンテンツの検索と視聴: 9 歳以上の視聴者を対象としたコンテンツのレーティングと概ね一致します。vlog(動画ブログ)、チュートリアル、ゲーム動画、ミュージック ビデオ、ニュース、教育コンテンツ、DIY、アート、工作、ダンスなどが含まれます。プレミア公開を除き、ライブ配信は含まれません。
    • より多くの動画: 13 歳以上の視聴者を対象としたコンテンツのレーティングと概ね一致します。「小学 3 年生以上の子ども向けコンテンツの検索と視聴」と同じカテゴリの、より広範な動画とライブ配信が含まれます。
    • YouTube の大部分: チャンネル、YouTube のシステムまたは審査担当者により 18 歳以上向けとして設定されているコンテンツを除き、YouTube のほぼすべてのコンテンツが含まれます。

    このコンテンツ設定には膨大な数の動画が含まれ、YouTube Kids アプリよりもはるかに大規模です。YouTube のシステムによって、不適切なコンテンツが表示されないように努めていますが、システムは完璧ではありません。誤って、お子様には不適切である一部の動画が表示される可能性があります。お子様向けに視聴制限を厳しくすることをご希望の場合は、YouTube Kids のご利用をおすすめします。

    各コンテンツ設定におけるコンテンツ ポリシーについて、詳細をご確認ください。

  • YouTube は、不適切な動画から子どもをどのように保護していますか?

    世界中の人々が YouTube を利用してアイデアや意見を自由に表現しています。幅広い見方について YouTube としては、たとえ受け入れがたいものがあったとしても、最終的にはより多くの情報に基づいたより強い社会につながると信じています。YouTube のコミュニティ ガイドラインでは YouTube で許可されているものと許可されていないものが定められており、保護者向け管理ツールにもこの定義が適用されます。

    お子様の管理対象アカウントを設定して、お子様向けにコンテンツの設定を選択すると、お子様が見つけるコンテンツや、おすすめされるコンテンツに追加の制限を設けることができます。

    YouTube は不適切なコンテンツが除外されるように努めていますが、自動化されたシステムによる除外は完璧ではありません。お子様向けにアプリの権限やコンテンツ設定をいつでも変更できます。コミュニティ ガイドラインに違反していると思われるコンテンツを見つけた場合は、審査しますのでご報告ください。YouTube をより良い場にするために、ご協力をお願いいたします。

  • YouTube は子どものプライバシーをどのように保護していますか?

    YouTube は Google のサービスであり、Google ののプライバシー ポリシーと原則を遵守しています。Google は、お子様の Google アカウントに関して Google が収集する個人情報、個人情報を収集する理由、保護者の方がその情報を更新、管理、エクスポート、削除する方法について、保護者の皆様にご理解いただくことが重要だと考えています。Google のプライバシー ポリシーと 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様の Google アカウントに関するプライバシーに関するお知らせは、お子様のアカウントのプライバシー保護に対する Google の取り組みについて説明するものです。

    [YouTube でのデータ] では、お子様がプライバシー設定や管理の詳細を確認できます。このページには、コンテンツやアクティビティの概要データ、このデータの管理設定のほか、YouTube の利便性向上のためにデータが利用される方法に関する情報(過去に視聴した動画をリマインドする、好みに合ったおすすめの動画を表示する、カスタマイズされた検索結果を表示するなど)が表示されます。保護者の方はお子様の Google アカウントを管理する立場として、ファミリー リンクから、または YouTube の保護者による設定ページから、お子様の検索履歴や再生履歴を一時停止または削除できます。

  • 子どもに対して広告は表示されますか?

    はい。限定的に有料広告を掲載することで、YouTube は世界中のご家族に無料でサービスを提供し、コンテンツ クリエイターの独創的なアイデアの実現をサポートしています。お子様を適切に保護するため、特定のカテゴリの広告は禁止されており、パーソナライズド広告は無効になっています。YouTube Premium ファミリー プランにご加入の場合、お子様はコンテンツを広告なしで視聴でき、その他のメンバーシップ特典も共有されます。